氷川神社(氷川神社のご祭神である須佐之男命)

神話カレンダーより

須佐之男命のお父さんは 「伊邪那岐命(いざなぎのみこと)」
お母さんは 「伊邪那美命(いざなみのみこと)」で
お二人は 力を合わせて たくさんの島を生み、日本の国をおつくりになった神さまです。

須佐之男命は 3兄弟の末っ子で あまりにも いたずらをするので
高天原(たかまのはら=日本神話で、天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめ
多くの神々が住んでいたとされる天上の世界)から追放されます。

その後、地上にくだり 大変な 苦労を重ねて 旅を続け、
出雲の国(島根県)で、やまたのおろちを退治し、幸せな結婚をしました。

では、これから須佐之男命のお話をはじめます。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と 伊邪那美命(いざなみのみこと)は
日本の島々や 海や山、 そして たくさんの 神さまを 誕生させました。

しかし 最後に 火の神さまを 生んだ時の やけどが元で、
妻の伊邪那美命は 亡くなって しまわれました。

伊邪那岐命は、 亡くなって しまった 妻に もう1度会いたくて
黄泉の国(よみのくに=死後、その魂が行くとされている地下の世界。冥土(めいど))まで
追いかけて 行きました。

けれども そこは 死者の国。
伊邪那美命の姿は、変わり果て 驚いて 逃げ帰ることしか できませんでした。

筑紫(九州)の きれいな川の ほとりに たどり着いた 伊邪那岐命は、
みそぎ(=身に罪や穢(けが)れのある者、また神事に従事しようとする者が
川や海の水でからだを洗い清めること)をして 心身を 清められました。

その時、左目を 洗われると 『天照大御神(あまてらすおおみかみ)』
右目を 洗われると 『月読命(つきよみのみこと)』が
鼻を 洗われると 『須佐之男命』がお生まれになりました。

伊邪那岐命は
「天照大御神は 神さまが お住まいになる 高天の原を。
 月読命は 夜の世界を。 須佐之男命は 海を 治めなさい。」と
言い渡されました。

ところが 須佐之男命は いつまで たっても 言うことを 聞かずに
母に 会いたいと 泣き続け、 その激しさに 山が枯れてしまうほど でした。

それを 見ていた 伊邪那岐命は
「言うことが 聞けない のなら ここから 出て行け!!」と
ひどく 怒って 須佐之男命を 追い出してしまわれました。

須佐之男命は
「お姉さまに わけを 話しに 行こう。」と 天照大御神が いらっしゃる
高天原に 行きました

天照大御神は、大地を揺り動かしながらやってくる
須佐之男命に 驚き、何か 悪い心を 持っているのではないか、と疑いだしました。

そこで 心の清らかさを 確かめるために「誓約(=神に誓うことによって吉凶・成否を占うこと)」
という占いを してみました。

お互いに 子供を 生んで 占ってみると
天照大御神からは 男の子、須佐之男命からは 女の子が生まれました。

須佐之男命は
「女の子が 生まれたのは自分は 清らかな心を 持っているからだ!!
自分の 勝ちだ!! 」と言って
調子に のって 暴れだしました。

須佐之男命は 大事な お米を 作る 田を荒らし、
糞を ばら撒いて、御殿を汚しました。

天照大御神は、しばらくは 大目に 見ていましたが
須佐之男命は、暴れることをやめません。

とうとう、服を 織る 建物の 屋根から 殺した馬を 投げ入れ
働いていた 女の子が 驚いて 死んでしまうという 騒ぎを起こしてしまいました。

天照大御神は、乱暴のあまりの ひどさに 恐れを いだき
天の岩戸に 隠れてしまわれました。

すると世界は とたんに 真っ暗になり、
悪いことが 次々と 起こり出しました。

困った 高天原の神さまは、相談をして、
にぎやかに お祭りをして 天照大御神の 気をひこうとしました。

その願いが通じ、天照大御神は 天の岩戸から お出になり
世界は 再び 明るさを とりもどしたのです。

須佐之男命は、罰として 高天原を 追い出されてしまいました。

須佐之男命は地上にくだってきました。

来る日も来る日も冷たい雨が降り続いていました。

須佐之男命は蓑(みの)や笠(かさ)をつけやっとのことで
雨をしのぎ、旅を続けていきました。

疲れた体を休めようとあちこちの家を訪ねましたが
「高天原を追われた悪い神だ!!」と言われ、
どこの家にも入れてもらえました。

ある日、須佐之男命は
「蘇民将来(そみんしょうらい)」「巨旦将来(こたんしょうらい)」という2人の兄弟に宿を求めました。

弟の巨旦はお金持ちでしたが泊めませんでした。

兄の蘇民は貧しかったのですが快く迎え入れもてなしました。

須佐之男命はその温かいもてなしに感謝し、
「お前たちが幸せに暮らせるように、災いを避ける茅の輪(ちのわ)を
身に付けなさい。」と蘇民に教えました。

その後、恐ろしい病気が村をおそいました。
その時、巨旦の家族はみんな滅んでしまいましたが
蘇民の家族は茅の輪(ちのわ)のおかげで誰も病気になりませんでした。

「家族みんなが無事だったのは須佐之男命さまのおかげだ!!」

蘇民は、その後、須佐之男命の教えを子孫に伝えていきました。

毎年、夏に多くの神社で「夏越の大祓(なごしのおおはらい)」の
神事が行なわれています。
この時に「茅の輪(ちのわ)」をくぐって病気や災いがないよう祈り
罪けがれをはらいます。

これは須佐之男命の教えが今も続いているということです。
[PR]
by tamako0070 | 2005-11-28 15:33 | 神社
<< 大祓 七五三について >>