三社祭 14日毎日新聞・東京版

毎日新聞・東京版

◇「神霊汚す」と禁止徹底--主催者側/大半の同好会が誓約書--担ぎ手側
 今月18~20日に開かれる浅草神社(台東区浅草2)の三社祭が、「厳戒態勢」になりそうだ。昨年、担ぎ手が乗った神輿(みこし)の一部が壊れる事故が発生し、「神輿乗り」を続けたい担ぎ手側と禁止したい主催者側の協議が一時難航。今年の開催が危ぶまれた。最終的に両者は合意したが、今年は「神輿乗り禁止」の原則が崩れないよう、関係者が目を光らせる中での祭りになる。【森禎行】
 事故は昨年5月21日早朝に発生した。3台の本社神輿が神社境内を東、西、南の3方向に練り歩くメーンの「宮出し」で、南に進む神輿「二之宮」に、16人の担ぎ手が乗った。神輿はそのまま地面に落ち、「とんぼ」と呼ばれる左前の横棒が折れたという。
 主催者の浅草神社は「前代未聞の深刻な不祥事」と憤る。同神社は「神輿には神社のお神霊を祭っており、人が乗ることは神霊を汚す行為」として禁止する注意喚起を毎年続けてきた。しかし、ここ十数年改善せず、「神輿乗り」が続いていた。神社は「『だんじり祭』(大阪府岸和田市)で山車に人が乗るのとは違う。神輿に人が乗ってはならない」と力をこめる。
 当初、担ぎ手で構成する同好会が「神輿乗り禁止」に同意する「誓約書」を神社に提出することに難色を示した。そのため神社側は「状況が改善しなければ今年の『宮出し』は中止」と宣言。これを受けて、大半の同好会から誓約書が提出されたため、祭りは従来通り開かれることになった。
 事故を教訓に神社側は「神を軽視する行為が他の神社へ波及する悪循環を恐れる。本来の祭りの姿を取り戻したい」といい、今年の「宮出し」で神輿に人が乗れば、来年の「宮出し」は中止にする強い姿勢で「監視」することにしている。

ごもっともなことだと思います。
三社祭が今や日本を代表するお祭りであるならば、ここで厳しくやる事には理解できる。
よく考えて見れば、御神輿が落ちなければまず神輿には乗れないと思う。
担ぎ手が神輿を落とすこと自体がみっとも無いことなのですから、絶対に落とさないように。。そして担ぎ手自身の自助努力でもって違反者を排除出来れば最高のお祭りになるのではないかと思います。
[PR]
by tamako0070 | 2007-05-14 19:17 | お祭り
<< お祭り用? 誂えポシェット 神田祭 19年度奉祝 >>