三社祭 続報6月8日

<産経新聞>
三社祭みこし 乗った男逮捕

浅草神社(台東区)の三社祭で複数の担ぎ手がみこしに乗った問題で、警視庁生活安全特別捜査隊は7日、都迷惑防止条例違反の疑いで、同区西浅草、入れ墨師、木本稔容疑者(32)を逮捕した。容疑を認めているという。ほかにもみこしに乗った男が確認されており、同隊は捜査を続ける。

 調べでは、木本容疑者は5月20日午後0時10分ごろ、同区千束の路上で、みこしに乗り、警察官の再三の警告を無視して、掛け声を出すなどして担ぎ手をあおり、祭りを混乱させた疑い。木本容疑者は地元のみこし同好会の代表を務めている。

 今年の三社祭をめぐっては、みこしに乗った別の男(56)が逮捕されたほか、木本容疑者を逮捕しようとした警察官を邪魔した男2人も公務執行妨害の現行犯で逮捕されている。

<読売新聞>
三社祭神輿に登り扇子振る、「同好会」代表を逮捕


東京・浅草の三社祭で、神輿(みこし)に乗って混乱を引き起こしたとして、警視庁生活安全特捜隊は7日、担ぎ手たちが集まった御輿同好会の代表で入れ墨師、木本稔容疑者(32)(台東区西浅草)を都迷惑防止条例違反(混乱誘発行為)の疑いで逮捕した。

 三社祭では、各地から集まった複数の同好会が勝手に神輿に乗って大騒ぎする行為が続いており、同隊は、木本容疑者と行動をともにした他のメンバーについても身元を特定し、逮捕する方針。

 調べによると、木本容疑者は三社祭最終日の先月20日昼過ぎ、クライマックスの「本社(ほんじゃ)神輿渡御(とぎょ)」で、仲間数人と神輿に登り、扇子を振るなどした疑い。

去年まで浅草警察勤務だった知り合いに聞く所に寄れば、全てビデオを収録しており、祭礼終了後にビデオで問題の人を特定しているそうです。実際は地元の人が多く、知っている人ばかりだと言っておりました。ですので、今年は新聞紙上を賑やかにしていますが、毎年検挙はしているそうです。また、警察も神社・奉賛会に依頼を受けているのではなく、あれだけの人が集まる場合にはそれ相応の警官を出さないと、もし何か起こった時に警察署署長の責任問題となるので出動しているそうです。ですので、署長が変わると対応方法も変わるみたいですよ。
(今年の鳥越(蔵前警察署)がその例ですかね)

それにしても警察の毅然とした介入によってこの問題が収束すればいいですねー。
普通の担ぎ手が迷惑するのは困りますねー。
[PR]
by tamako0070 | 2007-06-08 16:04 | お祭り
<< 村上開新堂の詰め合わせ 来ました! 鳥越祭 >>