三社祭と2007年警察白書

「暴力団との対決」を特集…資金源も分析

<読売新聞7月17日>
警察庁は17日、「暴力団の資金獲得活動との対決」と題した特集を盛り込んだ2007年版警察白書を閣議に報告した。

 暴力団について特集するのは1993年版以来。潜在化、多様化する暴力団資金源の分析を試み、暴力団の活動について改めて警鐘を鳴らしている。
 特集では、92年の暴力団対策法施行後、みかじめ料など暴力的要求行為による資金集めが規制されるようになったことで、逆に暴力団の活動は潜在化し、暴力団と無関係を装った企業を使って資金稼ぎをしている実態があると指摘した。

ここだけを読んでみると、来年以降に本社神輿が出御する事は大変難しいかも知れませんね。
警察の許可・協力無しにはお祭りは出来ません。それどころかお祭り自体(町内神輿渡御も)の存続が難しくなることも考えられます。(すでに催行者側では責任取れない状況下)
今までの歴史を見れば暴力団の資金の一部が町会に流れている構図があります。となるとどうにもならないと思います。町会でどうのこうのというのは出来ないですよ。怖いです。
ここは警察の強力な介入をしてもらい、根っこから関係を浄化していくしか方法は無いのではないでしょうかねー。

大変です。
[PR]
by tamako0070 | 2007-07-17 17:22 | お祭り
<< 三社祭 7月24日付け 「本社... 麻布十番 東京さぬき倶楽部 >>