「男鹿のなまはげ」「岩手県奥州市の黒石寺蘇民祭」に見る当世風

050.gif昨年大みそか、「なまはげ」に扮した男が旅館の女湯に侵入し、女性客の体を触った問題で、市観光協会などに寄せられた苦情は15日現在、計8件に上っていることが分かった。佐藤一誠市長は同日、「ご迷惑をおかけし、衷心よりお詫(わ)び申し上げます」などと謝罪する声明文を発表した。(毎日新聞)

a0065010_20234963.jpg


050.gifまた岩手県奥州市の黒石(こくせき)寺で繰り広げられる伝統行事、蘇民祭(そみんさい)の観光ポスターを市が駅構内に掲示しようとしたところ、JR東日本から待ったがかかった。「男性の裸に不快感を覚える客が多い」というのが理由だ。祭りは、市内水沢区黒石の寺で裸の男衆が蘇民袋の争奪戦を繰り広げる。疫病よけや五穀豊穣(ほうじょう)などを願い1000年以上続くとされる。今年は2月13日夜~14日未明を予定している。JR東日本盛岡支社の佐藤英喜・販売促進課副課長は「セクハラが問題になる中、公共の場でのポスター掲示の基準は厳しくなっている」と説明する。そのうえで「単純に裸がダメというわけではないが、胸毛などに特に女性が不快に感じる図柄で、見たくないものを見せるのはセクハラ」と判断したという。(毎日新聞)

034.gifなまげは真山神社の神事と民俗行事で年に一度各家庭を巡り、悪事に訓戒を与え、厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす来訪神として「怠け者はいねが。泣く子はいねが」と練り歩く国重要無形民俗文化財だそうだ。
宮司がインタビューされていたが、この事件で今後色々な規制が入るのには困っていたようだ。
本来「暴れる」のがこのお祭りらしさのようだからだ。

蘇民祭も人によって受け取り方も様々なようで考えすぎなのではないだろうか?

食の偽装問題や企業の内部告発による様々な問題があるが、、なにかがおかしいような気がする。クリーンな事は非常に結構なことではあるが、「水清ければ魚棲まず」というたとえがあるようにあまりクリーンにしすぎてもいけないのではないだろうか・・・・・?
特に神社の神事であるならばなおさら、昔から語り継がれているもの。それを大きくは変えてはならないのではないでしょうか。
皆さんはどのようにお考えですか?

三社も含めて色々なところで問題が起こりますが、要は最後当事者の責任の取らせ方が悪いのではと思います。

日本人は何か病んでいるように思う今日この頃です。

だから株価も病んじゃうんです。。。。。。
[PR]
by tamako0070 | 2008-01-16 20:23 | お祭り
<< 白金発 チョコレート ORIO... 五反田駅前 品川区西五反田1ー... >>