伊万里トンテントン祭りでの怪我、佐賀地裁和解

だいぶ前にこの事件を載せたと思うのですが、今日たまたまその後の記事が出ていました。
どうやら奉賛会と和解が成立したようですね-。
和解金は秘密だそうです。
お祭り一つやるにしてもきちんと管理をして行わないと今回のように責任問題になってしまうことが有るんですね。危険だと初めからわかっている有名なお祭りでもこうなんですから、、、、。難しい問題です。
来年は7年に一度の諏訪大社の御柱祭りがおこなわれますねー。是非この目で見たいものです。


「けんか祭り」主催者らと和解=合戦で大けがの男性-佐賀地裁
7月3日19時2分配信 時事通信

 「日本三大けんか祭り」として知られる佐賀県伊万里市の「伊万里トンテントン祭り」の合戦で負傷し、下半身まひとなった同市の男性(24)が、祭りを主催する「トンテントン祭り奉賛会」と当時の役員5人に損害賠償を求めた訴訟は3日、佐賀地裁(野尻純夫裁判長)で和解が成立した。
 和解条項によると、同会などは安全対策に不十分な点があったことを認め、男性に和解金を支払う。金額は明らかにされていない。
 訴状によると、男性は2006年、だんじりとみこしをぶつけ合う合戦に参加し、だんじりの下敷きになり脊髄損傷の大けがを負った。 

以上
[PR]
by tamako0070 | 2009-07-03 22:44 | お祭り
<< 道路標示これは何?(首都高埼玉線) H21 水無月夏越お祓い式(茅... >>