カテゴリ:お祭り( 105 )

H21 浅草 三社祭

聞くところによると、今年の宮だしは1名が上に乗りかかったところを普段乗っている連中達が引きずり下ろしたと聞きました。これは大変すばらしい行為ですね。もう、乗る人は出ないと思います。いい流れでは無いでしょうかねー。
私は今年は、「浅草西」「公園通り」の2ヶ所の町会で担がせて頂きました。
公園は荒っぽい町会で有名で、町内渡しの前にすでにケンカが。。。。私といえば、運良く最初から最後まで真棒で担いでいました。。。「うっしし」。
友人達と軽く飲んで帰宅に着きました。
天気が悪かったせいかちょっといつもより寂しい気がしました。

この写真の「三網」の雨天用のコートは祭り仕様ですごい格好いいですねーー。


a0065010_1851937.jpg
a0065010_1852790.jpg
a0065010_1853897.jpg






a0065010_1855681.jpg
a0065010_186713.jpg
a0065010_1861496.jpg
[PR]
by tamako0070 | 2009-05-17 18:06 | お祭り

宮出しどうする??浅草・三社祭 東京新聞から

氏子にとっては難しい問題ですねー。
浅草神社ってなんなの?ということですよね。。。
私の意見ですが、氏子側がもっと現実的な方法を早く警察に申し入れれば良かったのではと思います。
浅草警察で奉賛会幹部と話し合いの場に出た同好会代表がこれから先変な力を付けないことを祈ります。
祭りてそんなものだと思います。
私が推測するに浅警の署長と警備課長辺りが全く神社の祭事を理解していない事からこの問題は始まったのではと思います。
神事ですからね、神社最大の。
皆さんはどう思います?

<三社祭に異例の提言 浅草署『実行委に同好会入れよ』>
2009年4月16日 朝刊

 東京・浅草で五月にある「三社祭」をめぐり、警視庁浅草署が祭りを主催する浅草神社奉賛会(氏子団体)に「主催者として責任を全うされているとは到底考えられない」などと、異例の強い文言で祭りの警備計画を早く提出するよう求める文書を手渡していたことが分かった。同署は毎年のように神輿(みこし)でトラブルを起こす「同好会」と呼ばれる一般の担ぎ手を実行委員会に加えて新たなルール作りを進めるよう提言もしており、奉賛会は「神社と氏子の祭り」という性格が変わってしまうと困惑している。

 三社祭は毎年百数十万人の人出がある。今年は五月十五日から十七日の三日間。三基の本社神輿が街に出る「宮出し」が二年ぶりに復活する。しかし、浅草神社や隣接の浅草寺が社務所新築や耐震改修の工事中で、使えるスペースが四割ほど狭くなっており、同署は、安全対策を含む警備計画を早く提出するよう奉賛会に求めていたが、提出されないため、しびれを切らした。

 浅草署はさらに、同好会も奉賛会が仕切るよう求めた。関係者によると、奉賛会幹部が七日に呼ばれ、同好会を加えた実行委員会をつくりルールを決めることなどを提案された。同好会は三十余りあり、神輿の上に乗ることや、担ぎ棒をめぐるけんかなどで毎年問題を起こし、昨年は宮出しが中止に追い込まれた。

 こうしたこともあり奉賛会が「同好会は祭りに関係ない」と拒否した後、この文書が手渡された。

 文書は「警備計画の提出がなされないのであれば、警察としても部隊の投入等の必要性を見いだすことは不可能」とまで踏み込んでいる。

 奉賛会側は「提出は例年なら四月下旬。工事が実際に始まらないと境内の様子が分からないので提出が遅くなった」と説明。実行委に同好会を入れることについては、祭りの性格が変わるという危惧(きぐ)のほか「同好会は暴力団が関係しているところが多い。警察が暴力団を取り締まる一方で、一般市民にそういう団体と話し合えというのは、おかしい」と批判の声もある。

 奉賛会は氏子各町会に意見をまとめるよう要請。二十五日にも結論を出す。

 浅草署は「安全な祭りのために奉賛会と同好会が話し合うよう促した。工事で狭くなっている境内にこれまでと同じように人を入れたら非常に危険だ。文書は警察として言わなければならないことを言った」としている。

 <三社祭> 最終日の早朝、境内から3基の本社神輿が街に出る「宮出し」で最高潮に達する。「同好会」と呼ばれる一般の担ぎ手グループが全国から約1万人も集まる。担ぎ手が少ない時代に町会が応援を頼んだ経緯があるが、増えすぎて氏子が担げない事態となり、現在は宮出しを氏子と一般の2部制にしている。浅草署によると、同好会代表の多くを暴力団関係者が占め、神輿を担ぐためのはんてん代などが暴力団の資金源になっているとの指摘もある。


<宮出し手順で合意 三社祭 奉賛会、同好会案を了承>
2009年4月26日 朝刊

 東京・浅草の「三社祭」(五月十五-十七日)の運営をめぐり、主催者の浅草神社奉賛会(氏子団体)が、一般担ぎ手である「同好会」側と初めて話し合い、同好会側の提案を受け入れて、本社神輿(みこし)の「宮出し」の手順を変更することになった。二十五日開かれた氏子四十四カ町の総町会で報告された。

 奉賛会はこれまで同好会を交渉相手として認めない立場を貫いてきたが、事実上、宮出しのルールづくりへの参加を認めた形だ。

 祭りが最高潮を迎える最終日の宮出しは、氏子が担ぐ「氏子宮出し」と、一万人以上の同好会メンバーが殺到する「一般宮出し」の二部制で行われてきた。

 神輿の上に人が乗る「神輿乗り」は禁止されているが例年、繰り返されるため、神社と奉賛会は昨年の宮出しを中止。今年は再開が決まっていたが、神社と浅草寺の工事の影響で使えるスペースが約四割も狭くなり、危険なため浅草署が奉賛会に、宮出しのルールについて同好会と話し合うよう文書で申し入れていた。

 出席者によると、奉賛会と同好会の話し合いは二十四日に浅草署で実施。奉賛会役員と同好会側の代表が数人ずつ参加し、同署員が立ち会った。

 奉賛会は当初、今年の宮出しについて、氏子が本社神輿を三基とも神社境内の外に出してから、同好会による一般宮出しを行う案を公表していた。

 同好会側は話し合いの場で、神輿二基を神社境内に残したまま一般宮出しを始め、順次境内から外に出る手順を提案。奉賛会側はこれを了承し、あらためて神輿乗りなど禁止行為をしないよう申し入れたという。
[PR]
by tamako0070 | 2009-05-11 11:20 | お祭り

平成21年度の三社祭は?神輿の新ルール「神輿の順番など明確化」

浅草の三社祭が15日から3日間、開催されることを受け、主催者の浅草神社の氏子らで作る「浅草神社奉賛会」は9日、記者会見を開き、実施要項を発表した。「同好会」と呼ばれる一般担ぎ手が神輿(みこし)に乗るなどしたため、中止となっていた「宮出し」が2年ぶりに復活するが、今回初めて奉賛会と同好会が話し合い、新たなルール作りにこぎ着けた。

神輿乗り禁止令を破って担ぎ手が乗った本社神輿(一昨年撮影)  三社祭の最大の見せ場である宮出しは、最終日の17日。神社のご神体を乗せた3基の本社神輿が、境内から南部、東部、西部の各地区に繰り出す。

 かつては若手の氏子らで担いでいたが、都市化の影響で“浅草っ子”が減り、担ぎ手として地元以外の人たちで作る「同好会」が参加するようになった。

 ところが、最近では宮出しに参加する約1万人を超える担ぎ手の8割以上を同好会が占め、逆に氏子が担げなくなることもあった。さらに、一部の同好会が禁止されている神輿乗りを繰り返すようになり、一昨年には逮捕者も相次ぎ、昨年の宮出しは中止となった。

 今年は、宮出し復活に加え、工事で境内が例年より狭いという事情もあったが、「祭りは神社と氏子のもの」という思いが強い奉賛会側は、4月になっても同好会側と祭りの運営を話し合うことはなかった。このため、浅草署が「当事者意識や危機感が欠如しているのではないか」と、文書で厳しく実施要項の提出を求める異例の事態になっていた。

 両者は4月24日にようやく話し合いを始め、氏子と同好会の担ぐ神輿や順番を明確に分けるなど、従来と手順を変更した実施要項を策定した。

 同好会で作る「三社祭同好会連絡評議会」の木村忠司代表は「奉賛会との話し合いで、同好会側にもルール厳守の意識が高まる」と話す。一方、奉賛会の内田宗孝事務局長は「また違反があれば、再び厳しい対応も検討する」としており、今回の結果が来年以降に大きく影響しそうだ。

(金杉康政)

(2009年5月10日 読売新聞)
[PR]
by tamako0070 | 2009-05-10 18:04 | お祭り

平成21年度浅草神社例大祭(三社祭)実施要領

平成21年2月10日
浅草神社奉賛会

 平成21年度の浅草神社例大祭の概要に付き、お知らせいたします。今年度浅草神社例大祭は、浅草寺本堂落慶50周年本堂屋根瓦大修繕工事の為、例年に比べ各行事の斎行方法が大きく変わります。行事ごとの変更点につきましては各行事の説明の中に明示いたしますが、今年度の大きな変更点に付き冒頭でご説明いたします。

観客の皆様に対し、ご注意いただきたい点につき説明いたします。

例年ご覧になる方々が多く集まります浅草寺本堂回廊部分は総て工事囲いが施され、今年度は全くご覧になることは出来ません。

5月16日(土)に実施される連合渡御の際には、浅草神社境内及び浅草寺境内でご覧になれる見物場所はほとんどありません。

5月17日(日)に実施される宮出し・宮入りの際には、浅草神社境内及び浅草寺境内でご覧になれる見物場所は全くありません。

浅草神社例大祭においては、本社神輿は勿論町内神輿に至るまで、御神輿には浅草神社御神霊がお祀りされておりますので、どんな場合でも渡御中にはお神輿に乗ることは許されません。観客の皆様もこの点をよくご認識いただき、神輿に乗ることを扇動するような行為は厳にお慎み下さい。

担ぎ手の皆様に対し、ご注意いただきたい点につき説明いたします。

本社神輿をはじめ町内神輿に至るまで、渡御中は何人(なんびと)たりとも神輿の上に乗る事を一切禁止とし、違反があった場合は相応の罰則を適用します。
今年度浅草神社例大祭期間を通じ、浅草寺境内の使用させていただけるスペースが例年の半分程度になっています。このため、特に宮出し・宮入りの際には、参加いただける人数が例年の半分程度しか入場できません。
そこで、一般宮出しの際には当会で発行する「宮出し参加許可証」を氏子44ヶ町を通じて配布いたしますので、当日はこの参加証を着用した方のみが一般宮出しに参加できることとなります。担ぎ手の方々は、詳細につきましては関連する氏子各町にお尋ね下さい。

 尚、本実施要領に記す内容は現時点で検討段階の部分もあり、今後内容が変更される可能性がある事を予め御承知おきください。その他詳細につきましては、その内容が確定次第随時公表していく予定です。

大行列 日程:5月15日(金)
西廻りで行い、宝蔵門通過後右折、もしくは例年通り浅草寺本堂前を右折。
→浅草寺土地部に露店出店規制に付き、協力を求める。 (12/8了解済み)

a0065010_15225239.jpg


町内神輿連合渡御 日程:5月16日(土)

浅草寺本堂改修を目的として本堂裏広場が資材置き場等とされるため、使用できる面積がおよそ半分以下となる見込みとなり、浅草神社例大祭連合渡御に各方面勢揃いすることが難しい状況となりました。ついては以下のような手順で、連合渡御を実施したいと存じます。

実施案
南部、東部、西部の方面ごとに時間差で本堂裏広場に集合・出発する。各方面の集合・出発時間は以下の通り。


一之宮:南部 集合11時30分 出発12時00分
二之宮:東部 集合12時30分 出発13時00分
三之宮:西部 集合13時30分 出発14時00分


例年設置している指揮台の設置が難しいため、社殿に本堂裏広場に向けた放送設備を設置し、発進の合図を出す。(または、本堂裏に仮本部を設置して、ここから発信合図を行う。)
しかし、社殿(仮本部)からは本堂裏の状況が見えないため、本堂裏広場附き担当事務局員を配し発進のタイミングを社殿(仮本部)に連絡することとする。

※各方面発進時刻に駒札1番から発進。


【南部方面】
南部各町は本堂裏広場の指定された駒札前に集合・待機し、発進合図に従い順次すみやかに発進する。 【東部方面】
東部各町は12時30分に本堂西側通路の影向堂寄りに、影向堂を先頭に本堂正面側(南側)を最後尾として駒札順に並び、南部方面の発進終了まで待機。南部方面駒札最後の発進とともに、順次駒札順に発進し本堂裏広場の指定された駒札前に集合・待機し、発進時合図に従い順次すみやかに発進する。このとき状況によっては、駒札1番、2番はそのまま神社境内に進むこともあるかと思われるため、社殿からの指示に従い渡御を行う。 【西部方面】
西部各町は13時30分に本堂西側通路の影向堂寄りに、影向堂を先頭に本堂正面側(南側)を最後尾として駒札順に並び、東部方面の発進終了まで待機。東部方面駒札最後の発進とともに、順次駒札順に発進し本堂裏広場の指定された駒札前に集合・待機し、発進時合図に従い順次すみやかに発進する。このとき状況によっては、駒札1番、2番はそのまま神社境内に進むこともあるかと思われるため、社殿からの指示に従い渡御を行う。また、西浅草三丁目北部町会については神輿が大きいため、言問通りより本堂裏広場に進入し、影向堂裏の指定の場所に待機し、社殿からの発進合図に従い発進する。
町内神輿連合渡御進入経路及び帰路
出発時間 入り口 出口
一之宮:南部 12時 仲見世 仲見世
二之宮:東部 13時 言問通り 二天門脇
三之宮:西部 14時 従来の入り口 宝蔵門北側→花屋敷通り
  〃  →お参りまち
  〃  →西側参道→言問通り

宮出し 日程:5月17日(日)

実施案
「氏子宮出し」を行い、別紙図面所定の位置に本社神輿を安置する。

本社神輿位置については、次の通りとする。

南部一之宮:三之宮南側柵の更に南側に安置
東部二之宮:鳥居前に安置
西部三之宮:浅草寺本堂東側階段前に安置
一般担ぎ手待機場及び入場口については、次の通りとする。

一之宮担ぎ手:五重塔前広場に集合し、宝蔵門前より入場する。
二之宮担ぎ手:花川戸公園に集合し、二天門脇より入場する。
三之宮担ぎ手:観音本堂裏に集合し、本堂裏入場口地点より入場する。
※一番町会への引き渡し時間は従来の午前8:30を30分間繰り上げ、午前8時を引き渡しとし、時間を厳守するよう努力する。

一般担ぎ手入場規制について
一般担ぎ手は、各町会から配布される参加許可証を所持する者のみ参加できるものとし、参加許可証の形式及び配布方法等の具体的内容については今後更に検討する。


宮入り 日程:5月17日(日)
宮入り実態調査を行い、齋行方法を今後検討する。
[PR]
by tamako0070 | 2009-02-26 15:23 | お祭り

平成21年度 建国祭 明治神宮 2月11日

今年の建国祭は例年に比べて人出が多かったような気がします。
賑やかなことは大いに結構な事ですね。
今日は小さい子供を連れて行ったのですが、考えが甘くとてもゆっくりみられた門ではありませんでした。大失敗。。
さてさて、話は大きく変わりますが、「天皇万歳」とかのさいに手を挙げますが、その挙げ方を知っていますか?
手のひらを前向きに出すのは「降参」です。手のひらは体側に沿って内側に向けたまま挙げるが正解です。皆さんも是非実行して下さいね。では。
ご苦労さまでした。

そうそう、今年の秋には神輿パレードが皇居で有るかも知れません!




a0065010_23352399.jpg
[PR]
by tamako0070 | 2009-02-11 23:21 | お祭り

調布 国領神社 & 川口 和楽備(蕨)神社 2008/10/12

今年はにぎやかだったようですね。
ここ御神輿様、結構重いです。写真はH氏撮影
a0065010_1714620.jpg



和楽備神社の文字はどうしてこのように書くのでしょうか?一般的には「蕨」ですよね?
綺麗な神社です。

御神輿は町会の御神輿です。
これぐらいの町会神輿が欲しいですね-。

a0065010_1761582.jpg
a0065010_1763025.jpg
a0065010_176505.jpg
[PR]
by tamako0070 | 2008-10-15 17:06 | お祭り

H20 品川区 氷川神社例大祭

今年は奉祝ということでの渡御となりました。とはいえ、何も変わらないのですがね。。これでいいのだか多少疑問ですが。。。。
手拭いあわせと言うことで氏子側の奉納ということで町会の手拭いが7ヶ町プラスお囃子で飾られました。これはこれで意味の有ることだと思いました。
執行側なので写真が撮れませんので携帯写真を載せてみます。

すばらしいーーーーーーーーーー。

a0065010_12202696.jpga0065010_12204215.jpg



















a0065010_1221971.jpga0065010_12212729.jpg
[PR]
by tamako0070 | 2008-09-20 12:35 | お祭り

港区 高輪神社 3年に一度の宮神輿渡御

たまたま通りかかったら今年は神社の神輿が出るそうで、、、初めて見ました。昔の御神輿は手入れが行き届いており、担ぎ棒が有ればいつでもOKという感じです。
3尺5寸はあるでしょうか?大きいです。
大変渋い御神輿様です。神社境内の「狛犬」が有名らしいです。
地味なお祭りですが氏子さんたちで楽しそうでしたよ。

a0065010_22272849.jpga0065010_22273745.jpg











a0065010_2227587.jpga0065010_222897.jpg











a0065010_22282685.jpga0065010_2228355.jpg
[PR]
by tamako0070 | 2008-09-07 22:29 | お祭り

H20 大田区 羽田神社

たまたま車で通りかかりました。こんな暑い中で、、、、。
南部屋製昭和54年謹製。台輪寸4尺。
羽田担ぎという独特な担ぎ方をするようだ。神社大神輿は江戸前のようだが。。。。普段は中神輿が出るような・・・。
境内は大変賑やかでした。
ちょっと担ぎ手の???違うような???こんなこと記載できません。  以上

a0065010_2310414.jpga0065010_23102369.jpg













[PR]
by tamako0070 | 2008-07-27 23:10 | お祭り

「三社祭」 09年は「宮出し」復活 決定

宮神輿出御決定
東京・浅草で毎年5月に行われる三社祭を主催する浅草神社奉賛会は23日、09年の祭りで本社神輿(みこし)の「宮出し」を復活させることを決めた。

 例年、祭り最終日にある宮出しは、担ぎ手たちが神社境内で3基の本社神輿を担いでぶつかり合う最大の見せ場。しかし昨年、一部の担ぎ手が禁止されたにもかかわらず神輿の上に乗ったため、今年は神社側が宮出しを中止する「異例中の異例」(神社関係者)の事態になっていた。 (朝日新聞)

良かったですね-。
来年は南部一之宮ということかなーー。
[PR]
by tamako0070 | 2008-07-24 11:26 | お祭り